LANケーブル

2024.05.20

LANケーブルの壁配線:見た目と安全性を両立させる方法、専門業者に依頼する利点

 

LANケーブルを壁の中に配線する必要がある場合とは?

LANケーブルを壁の中に配線する必要がある場合には、いくつかの状況が考えられます。

まず、見た目をスッキリさせたい場合です。壁の外にケーブルが見えていると、部屋の美観を損ねることがあります。次に、安全性を確保するためです。ケーブルが露出していると、足を引っ掛けたりする可能性があり、事故の原因となることがあります。さらに、配線の安定性を保つためにも、壁の中に配線することが推奨されます。

露出しているケーブルは、掃除や家具の移動などで傷つくことがありますが、壁の中に配線することで、これらのリスクを減らすことができます。

 

そもそも、壁配線とは何?

壁配線とは、LANケーブルや電気配線を壁の中に通して設置することを指します。これにより、ケーブルが露出せず、見た目がスッキリとし、部屋の美観を保つことができます。

また、ケーブルの保護にもつながり、安全性が向上します。壁配線は、特に新築やリフォーム時に行われることが多く、既存の壁に配線を追加することも可能です。

 

LANケーブルの壁配線の方法は?

準備

1. 必要な工具と材料の用意

 ・ ケーブル

 ・ ケーブルキャッチャー

 ・ ドリル

 ・ 配線用パイプ

          など

2. 配線ルートの計画

 ・ 壁の中を通すルートを確認します。

 ・ 既存の電気配線や水道管に注意しながら、最短距離でルートを設定します。

配線手順

1. 壁に穴を開ける

 ・ ドリルを使用して、ケーブルが通る穴を開けます。

 ・ 壁の中の構造を確認しながら、慎重に作業を進めます。

2. ケーブルを通す

 ・ 配線用パイプを通し、その中にケーブルを引きます。

 ・ ケーブルが絡まないように注意しながら、スムーズに通します。

3. コンセントプレートの取り付け

 ・ ケーブルを壁から引き出し、LANコンセントプレートを取り付けます。

 ・ しっかりと固定し、接続が正確であることを確認します。

 

LANケーブルの壁配線を行う際に注意すること

LANケーブルの壁配線を行う際には、いくつかの注意点があります。

まず、配線ルートの確認です。壁の中には電気配線や水道管が通っていることがあり、これらに干渉しないように配慮する必要があります。

また、適切な工具の使用も重要となります。適切な工具を使用しないと、壁やケーブルを傷つけてしまう可能性があります。

さらに、ケーブルの長さの確認も忘れてはいけません。配線ルートに対して十分な長さのケーブルを用意することで、途中で接続が途切れることを防ぎます。

 

LANケーブルの壁配線を賃貸物件で施工する場合の注意点

賃貸物件でLANケーブルの壁配線を行う場合には、特別な注意が必要です。まず、大家さんや管理会社への事前確認が必須です。許可なしに壁に穴を開けると、退去時にトラブルになる可能性があります。

また、原状回復の責任も考慮しなければなりません。壁に開けた穴を元通りに修復するための費用や手間を見積もっておくことが大切です。

さらに、専門業者への依頼も検討すると良いでしょう。専門業者は適切な方法で作業を行い、賃貸物件にダメージを与えないように配慮してくれます。

 

DIYでLANケーブルの壁配線を行う場合の注意点

DIYでLANケーブルの壁配線を行う場合には、いくつかのポイントに注意する必要があります。

まず、安全第一です。電気配線や他の設備に触れないようにするため、事前に壁の中の構造をしっかりと確認します。

また、適切な工具と材料の使用も重要となります。安価な工具や材料を使用すると、作業が難しくなったり、仕上がりが悪くなったりする可能性があります。

さらに、手順を守ることも大切です。計画を立て、手順を一つ一つ確認しながら作業を進めることで、トラブルを防ぎます。

 

少しでも作業が困難と感じたら無理せずに専門業者へ

壁配線の作業は、初心者にとっては難易度が高いことがあります。少しでも不安や困難を感じたら、無理をせずに専門業者に依頼することをおすすめします。専門業者は経験と知識を持っており、安全かつ確実に作業を行うことができます。また、専門業者に依頼することで、施工後のトラブルを未然に防ぐことができます。

 

LANケーブルの壁配線の工事費用は?

LANケーブルの壁配線にかかる工事費用は、施工範囲作業の複雑さによってかなり異なります。一般的には、数千円から数万円程度が目安となります。

具体的な費用を知るためには、見積もりを依頼することが必要になります。また、複数の業者に見積もりを依頼し、比較することで、最適な選択ができます。

 

 

まとめ

LANケーブルの壁配線は、見た目の美しさや安全性を高めるために有効な方法です。しかし、正確な計画と慎重な作業が求められます。特に賃貸物件での施工やDIYでの作業には注意が必要です。

不安を感じた場合は、無理をせずに専門業者に依頼することで、安心して作業を進めることができます。最後に、費用についても複数の見積もりを取ることで、適切な価格で施工することが可能となります。これらのポイントを押さえ、快適なネット環境を整えましょう。

 

新築住宅にLAN配線は必須? その理由とメリットを徹底解説
一覧へ戻る
LAN配線の基礎知識:有線と無線の違いと工事の流れ

関連記事