LANケーブル

2024.07.02

なぜ床下配線が必要? LANケーブルの床下配線がもたらす安定したネット環境

 

LANケーブルの床下配線って何?

LANケーブルの床下配線とは?

LANケーブルの床下配線とは、インターネットやネットワーク接続を家全体に安定して供給するために、LANケーブルを床下に通して配線する方法です。この方法は、特に家庭やオフィスなどで無線LAN(Wi-Fi)の信号が届きにくい場所や、より高速で安定したネットワーク接続が必要な場合に利用されます。床下配線は、配線が見えないため美観を損なわず、またケーブルが露出していないので安全性も高まります。

床下配線の主な特徴

 1. 見た目がスッキリ:配線が床下に隠れるため、部屋の見た目がスッキリします。

 2. 安全性の向上:露出しているケーブルが無くなるため、つまずきなどのリスクが減ります。

 3. 安定した接続:有線接続により、無線よりも安定したネットワーク接続が可能です。

 

LANケーブルの床下配線の必要性とは?

なぜ床下配線が必要なのか?

LANケーブルの床下配線が必要な理由は、以下のような状況が考えられます。

1. 無線LANの限界

無線LANは便利ですが、壁や床などの障害物があると電波が届きにくくなります。その結果、特定の部屋やエリアでインターネット接続が不安定になることがあります。

2. 高速インターネットの需要

ストリーミングサービスの普及やオンラインゲームの人気により、高速で安定したインターネット接続が求められています。有線接続は無線接続に比べて速度や安定性の面で優れています。

3. 美観と安全性の確保

配線が露出していると、見た目が悪くなるだけでなく、つまずきの危険もあります。床下配線ならば、これらの問題を解消できます。

 

LANケーブルの床下配線ってDIYで可能?

DIYでの床下配線は可能か?

LANケーブルの床下配線はDIYでも可能ですが、いくつかの技術と知識が必要となります。

必要な道具と材料

 ・ LANケーブル:必要な長さを計測し、適切なケーブルを用意します。

 ・ 配線用チューブ:ケーブルを保護するためのチューブが必要です。

 ・ ドリルと穴開けツール:床下にケーブルを通すための穴を開ける道具。

 ・ フィッシュテープ:ケーブルを床下に引き通すためのツール。

 ・ ケーブルタイ:ケーブルを固定するためのもの。

DIYのステップ

 1. 計画:まず、どの部屋に配線を行うかを決定し、必要なケーブルの長さを計測します。

 2. 穴開け:ドリルで床に穴を開け、配線用チューブを通します。

 3. ケーブルの引き通し:フィッシュテープを使ってケーブルを床下に通します。

 4. 接続と確認:ケーブルを接続し、ネットワークが正しく動作するか確認します。

 

 

DIYの場合のメリットは?

DIYでのメリット

DIYで床下配線を行うことには、いくつかのメリットがあります。

コスト削減

専門業者に依頼する場合と比較して、費用を大幅に削減できます。必要な道具や材料は一度購入すれば、他のプロジェクトにも利用可能です。

自分のペースで作業可能

自分のスケジュールに合わせて作業を進められるため、時間の自由度が高いです。

スキルの向上

DIYを通じて、配線やネットワークに関する知識や技術が向上します。

 

DIYの場合のデメリットは?

DIYでのデメリット

一方で、DIYで床下配線を行うことにはデメリットもあります。

専門知識の不足

配線やネットワークに関する専門知識が不足している場合、正しく作業できないことがあります。

労力と時間

配線作業は労力と時間がかかります。特に床下への配線は物理的に難しい作業が多く、疲労を伴います。

トラブルのリスク

誤った配線や接続不良など、トラブルが発生するリスクがあります。トラブルが発生した場合、自分で解決できないこともあります。

 

専門業者に依頼した場合のメリットは?

専門業者に依頼するメリット

専門業者にLANケーブルの床下配線を依頼することには、多くのメリットがあります。

プロの技術と知識

専門業者は経験と知識を持っているため、迅速かつ正確に作業を行えます。トラブルが発生した場合でも、適切な対処が期待できます。

時間の節約

業者に依頼することで、自分の時間を節約できます。忙しい人や技術に自信がない人にとって、大きなメリットです。

保証とアフターサービス

多くの専門業者は作業に対して保証を提供しており、万が一問題が発生した場合にも対応してくれます。アフターサービスも充実しているため、長期的な安心感があります。

 

専門業者に依頼した場合のデメリットは?

専門業者に依頼するデメリット

専門業者に依頼することには、デメリットも存在します。

コストが高い

DIYに比べて、専門業者に依頼するコストは高くなります。特に大規模な配線作業の場合、費用が大きくなることがあります。

作業日時の調整が必要

業者との作業日時の調整が必要であり、自分のスケジュールに合わせにくい場合があります。

自分の配線知識が向上しない

業者に依頼することで、自分で配線作業を行う機会が無くなり、知識やスキルが向上しないことがあります。

 

 

まとめ

LANケーブルの床下配線は、ネットワーク接続を安定させるための有効な手段です。DIYで行うか専門業者に依頼するかは、それぞれのメリットとデメリットを考慮して選択することが重要です。

DIYの場合、コストを抑えながら自分のペースで作業できる反面、労力と時間がかかり、技術的な知識が求められます。一方、専門業者に依頼する場合、プロの技術と知識により迅速かつ正確な作業が期待でき、時間の節約や保証・アフターサービスの安心感がありますが、コストが高くなる点がデメリットです。最終的には、自分の状況やスキル、予算に応じて最適な方法を選ぶことが大切です。

 

ノートパソコンにLANポートがなくても大丈夫! 簡単有線接続ガイド
一覧へ戻る
LAN配線のあるマンション生活のメリットとは? 安定した接続とその秘密

関連記事