LANケーブル

2024.06.24

効率的なネットワーク構築:LANケーブルを天井裏に配線するメリットと注意点

 

LANケーブルを天井裏に配線・・・・・ どうやればいいの?

自宅やオフィスで高速で安定したネットワーク環境を構築するために、LANケーブルを天井裏に配線する方法は非常に有効です。天井裏を通すことで、ケーブルが邪魔にならず、見た目もすっきりとします。この記事では、DIYでの配線方法や業者に依頼する際のメリット・デメリットについて詳しく解説します。

 

DIYでLANケーブルを天井裏に配線する方法は?

必要な道具と材料

まず、DIYで配線を行うためには以下の道具と材料が必要です。

 ・ LANケーブル(Cat6以上が推奨)

 ・ ケーブルストリッパー

 ・ コネクター(RJ-45)

 ・ 圧着工具

 ・ 電動ドリル

 ・ 配線用のロッドまたはワイヤー

 ・ ケーブルタイやクリップ

 ・ 脚立、ハシゴ

              など

手順

1. 配線ルートの確認

天井裏のスペースや構造を確認し、配線ルートを決定します。天井裏にアクセスするためのハッチが設置してあれば、それも利用します。

2. 配線経路の穴あけ

電動ドリルを使って、ケーブルを通すための穴を天井や壁に開けます。このとき、既存の電気配線や配管に注意して作業を行います。

3. ケーブルの引き通し

配線用のロッドやワイヤーを使って、ケーブルを天井裏に引き通します。ケーブルが引っかからないように慎重に進めます。

4. コネクターの取り付け

ケーブルの両端にコネクターを取り付けます。ケーブルストリッパーで被覆を剥き、圧着工具を使ってRJ-45コネクターを取り付けます。

5. 固定とテスト

ケーブルタイやクリップを使って、ケーブルをしっかりと固定します。その後、接続が正常に行われているかをテスターで確認します。

 

DIYで配線した場合のメリットは?

費用の節約

自分で配線を行うことで、専門業者に依頼する場合に比べて費用を大幅に節約できます。特に、複数の部屋に配線する場合には、コストの差はかなり大きくなります。

自由なスケジュール

自分の都合に合わせて作業を進めることができるため、スケジュールに柔軟性があります。急な変更や追加の配線にも即座に対応できます。

スキルアップ

DIYでの配線作業を通じて、ネットワーク構築の基本的なスキルを身に付けることができます。これにより、将来的なトラブルシューティングや追加の配線作業にも対応できるようになります。

 

DIYで配線した場合のデメリットは?

作業の手間と時間

配線作業はそれ相応の手間と時間がかかります。特に初めて行う場合は、計画や準備に多くの時間を費やすことになります。

トラブルリスク

DIYでの配線には、ケーブルの断線や接続不良などのリスクの高さが伴います。正確な作業が求められるため、不安がある場合は施工意識に対しての注意が必要になります。

専門知識の不足

ネットワークの専門知識が不足していると、正確な配線やトラブルシューティングが難しい場合があります。特に、大規模な配線や高い技術が必要な場合は、専門業者のサポートが必要になります。

 

 

専門業者にLANケーブルの天井裏配線を依頼した場合のメリットは?

プロの技術と経験

専門業者は豊富な経験と高度な技術を持っているため、確実で効率的な配線が可能となります。複雑な配線や大規模なネットワーク構築も安心して任せることができます。

保証とサポート

業者に依頼することで、配線作業に対する保証やアフターサポートを受けることができます。万が一のトラブルが発生した場合でも、迅速に対応してもらえます。

時間の節約

専門業者に依頼することで、時間を大幅に節約できます。自分で作業する時間や手間を省き、他の重要な業務に集中することができます。

 

専門業者にLANケーブルの天井裏配線を依頼した場合のデメリットは?

費用の増加

専門業者に依頼する場合、自分で行う場合に比べて費用が高くなります。特に、大規模な配線や特殊な作業が必要な場合は、コストがさらに増加する可能性があります。

スケジュールの調整

業者のスケジュールに合わせる必要があるため、希望するタイミングで作業を進められない場合があります。特に繁忙期には、予約が取りにくくなることがあります。

業者選びの手間

信頼できる業者を選ぶためには、口コミや評判を調べる必要があります。業者選びに時間と手間がかかることもデメリットの一つになります。

 

LANケーブルの天井裏配線、DIYと専門業者どちらがいい?

DIYが向いている場合

 ・ 小規模な配線作業を行いたい場合

 ・ 費用をできるだけ抑えたい場合

 ・ 自分でネットワーク構築のスキルを身に付けたい場合

専門業者が向いている場合

 ・ 大規模な配線作業を行いたい場合

 ・ 確実で効率的な配線を希望する場合

 ・ トラブル時に迅速なサポートを受けたい場合

 

まとめ

LANケーブルを天井裏に配線する方法について、DIYと専門業者のメリット・デメリットを比較しました。それぞれの方法には一長一短があり、自分の状況や目的に応じて選択することが重要です。小規模な作業や費用を抑えたい場合はDIYが適していますが、大規模な作業や確実な配線を求める場合は専門業者に依頼するのが良いでしょう。

 

校内LANの整備で学校が変わる! その理由と導入ポイント
一覧へ戻る
Wi-Fiが不安定? LANケーブルでスマホをインターネットに接続する方法とその利点

関連記事