LAN配線

2024.05.17

LAN配線の基礎知識:有線と無線の違いと工事の流れ

 

有線LANと無線LANの違いを説明すると・・・

有線LANとは?

有線LANとは、物理的なケーブルを使用してネットワーク接続を行う方法のことです。 主にイーサネットケーブルが使用され、ルーターやハブを通じてデバイス同士が接続されます。 有線LANは安定した高速通信が可能で、遅延が少ないのが特徴です。

無線LANとは?

無線LAN(Wi-Fi)とは、電波を利用してネットワーク接続を行う方法のことです。 ケーブルが不要で、デバイスの自由な配置が可能になります。 ただし、電波の干渉や障害物によって通信速度が影響を受けることがあります。

 

有線LANと無線LANのメリット・デメリットとは?

有線LANのメリット

 1. 安定した通信速度:有線接続は物理的なケーブルを使用するため、外部の影響を受けにくいです。

 2. セキュリティが高い:物理的に接続されているため、外部からの不正アクセスが困難になります。

 3. 遅延が少ない:オンラインゲームや高画質な動画ストリーミングに適しています。

有線LANのデメリット

 1. 配線が煩雑:ケーブルを各デバイスに接続するため、部屋がケーブルで埋め尽くされることがあります。

 2. 設置の柔軟性が低い:デバイスの配置によってケーブルの長さの調整が必要となります。

 3. 配線工事が必要:特に複数の部屋にまたがる場合、専門の工事が必要となります。

無線LANのメリット

 1. 設置が簡単:ケーブルが不要なため、設置が簡単で柔軟です。

 2. デバイスの自由な配置:どこでもインターネットに接続できるため、利便性が高いです。

 3. 配線の手間がない:物理的なケーブルが不要で、部屋がスッキリします。

無線LANのデメリット

 1. 通信の安定性に欠ける:電波の干渉や障害物によって通信速度が不安定になることがあります。

 2. セキュリティリスク:無線通信は盗聴や不正アクセスのリスクの高さがあります。

 3. 遅延が発生することがある:オンラインゲームやビデオ通話で遅延が発生する場合があります。

 

LAN配線の工事を行う際に確認しておきたいポイントは?

配線計画の重要性

LAN配線工事を行う際には、配線計画が非常に重要となります。 事前に各デバイスの配置を決め、必要な配線の長さやルートを明確にしておくことで、効率的な工事が可能になります。

必要な設備の確認

使用するケーブルの種類やルーター、ハブなどのネットワーク機器を事前に確認しましょう。 特に、ケーブルの規格(Cat5e、Cat6など)によって通信速度が変わるため、用途に合ったものを選ぶことが重要です。

配線ルートの確保

配線を通すルートを確認し、必要に応じて壁の中を通す床下を通すなどの方法を考慮します。 配線ルートの選定は、美観や安全性の観点からも重要となります。

 

LAN配線の工事の前に空配管の有無を確認しよう

空配管とは?

空配管とは、壁や床の中に事前に設置された配線用のパイプのことです。 これがあると、後からケーブルを通す際に非常に便利です。

空配管の確認方法

工事前に空配管があるかどうかを確認するには、建築図面を確認するか、専門の工事業者に依頼して調査してもらいます。 空配管がない場合、新たに配管を設置するか、配線ルートを変更する必要があります。

空配管がある場合のメリット

 1. 配線が容易:既存の配管を利用することで、配線作業がスムーズに進みます。

 2. 美観を損ねない:壁や床に新たな穴を開ける必要がないため、美観を損ねません。

 3. コスト削減:新たな配管工事が不要なため、工事費用を抑えることができます。

 

 

階をまたいでの有線LAN配線とLANコンセントの増設

階をまたいでの配線の難しさ

階をまたいでの配線は、距離が長くなるため、配線の計画が複雑になります。 特に、壁や床を貫通する必要がある場合、専門的な工事が必要となります。

LANコンセントの増設方法

 1.  適切な場所の選定:LANコンセントを設置する場所を決定する際、部屋の角や壁際が一般的になります。

 2. 配線ルートの確認:既存の配線ルートを確認し、新たなケーブルを通すルートを計画します。

 3. コンセントの設置:壁に新たなコンセントボックスを設置し、ケーブルを接続します。

専門業者の利用

階をまたぐ配線やLANコンセントの増設は、専門的な知識と技術が必要なため、専門の工事業者に依頼することをおすすめします。

 

LAN配線の工事費用の相場

LAN配線工事の費用は、施工業者や工事の規模、配線の長さ、使用するケーブルの種類によって異なってきますが、一般的な相場は以下の通りです。

一般的な費用の目安

 1. 簡単な配線工事:10,000円~30,000円

 2. 階をまたぐ配線工事:30,000円~50,000円

 3. LANコンセントの増設:10,000円~20,000円

追加費用の可能性

新たに配管を設置する場合や配線経路が複雑な場合、特殊な配線が必要な場合には、追加費用が発生することがあります。

事前に見積もりを確認し、追加費用についても把握しておくことが重要です。

 

LAN配線の工事業者を選ぶ基準は?

経験と実績

工事業者を選ぶ際には、経験と実績が重要となります。 過去の工事実績やお客様のレビューを確認し、信頼できる業者を選びましょう。

価格とサービス内容

工事費用だけでなく、サービス内容も比較しましょう。 例えば、工事後のサポートや保証期間などが含まれているかどうかを確認します。

見積もりの透明性

見積もりが明確かつ透明であることも重要です。 不明瞭な費用が含まれていないか、追加費用が発生する可能性についても確認しましょう。

 

LAN配線の工事の流れ

事前調査

工事業者による現地調査を行い、配線ルートや必要な機材を確認します。 この際、空配管の有無や障害物の有無を確認します。

見積もりと契約

調査結果に基づいて見積もりを作成し、契約を締結します。 この際、工事内容や費用について詳しく確認します。

工事の実施

契約後、実際の工事が行われます。 ケーブルの敷設、コンセントの設置、機器の接続など、計画に基づいて進められます。

完了確認と動作確認

工事完了後、動作確認を行い、正常にネットワークが動作するかを確認します。 問題がない場合、工事完了となります。

 

LAN配線の工事はDIYでできるの?

DIYのメリット

DIYでLAN配線を行うことで、コストを削減することが可能です。 また、自分のペースで工事を進めることができるため、自由さと柔軟性があります。

DIYのデメリット

 1. 技術的な難易度:配線の知識や技術が必要であり、誤った配線はネットワークトラブルの原因となります。

 2. 時間と手間がかかる:工事には時間と手間がかかり、特に初めての方には大きな負担となる可能性があります。

 3. 保証がない:専門業者による工事とは異なり、保証がないため、トラブル発生時の対応が困難になります。

DIYに向いている人

DIYに挑戦する場合は、基本的な配線知識を持ち、簡単な配線工事に慣れている人に向いています。 また、配線作業に必要な工具や機材を準備することも重要となります。

 

 

まとめ

有線LANと無線LANの違いや、それぞれのメリット・デメリットについて理解することは、ネットワーク環境を最適化するために重要です。 また、LAN配線の工事を行う際には、事前に空配管の有無を確認し、適切な業者を選ぶことが大切となります。 工事の流れや費用についても把握し、自分に最適な方法でネットワーク環境を構築しましょう。

 

LANケーブルの壁配線:見た目と安全性を両立させる方法、専門業者に依頼する利点
一覧へ戻る

関連記事