LAN配線

2024.07.05

LAN配線を自分でやるべき? 専門業者に依頼すべき?

 

LAN配線って自分でできるの?

LAN配線を自分で行うことは可能です。最近では、家庭や小規模オフィスでもインターネットの速度や安定性を求める声が高まっており、自分で配線を行う人が増えています。自分で配線を行う場合、費用を抑えられるだけでなく、自分のペースで作業を進められるというメリットがあります。ただし、一定の知識と準備が必要となります。

必要な道具と材料

LAN配線を自分で行うには、以下のような道具と材料が必要です。

 ・ LANケーブル(カテゴリー5eまたはカテゴリー6推奨)

 ・ RJ45コネクタ

 ・ 圧着工具

 ・ ケーブルストリッパー

 ・ テスター

基本的な知識

LAN配線を行うためには、基本的なネットワークの知識も必要です。例えば、IPアドレスの設定やルーターの設定方法、ケーブルの種類(ストレートケーブルとクロスケーブルの違い)などを理解しておくと良いでしょう。

 

LANケーブルの配線を行うのに資格って必要?

LANケーブルの配線を自分で行うためには、特別な資格は必要ありません。しかし、以下の点に注意することが重要です。

法的な制約

日本では、特定の条件下での電気工事には電気工事士の資格が必要となる場合があります。特に大規模な工事や高圧電力を扱う場合は、資格が求められることがあります。しかし、一般的な家庭内のLAN配線程度であれば資格は不要です。

安全性の確保

資格がなくても、安全性を確保するために、基本的な電気の知識や技術を持っていることが望ましいです。例えば、ケーブルの取り扱いや圧着の方法、テストの仕方などを事前に学んでおくと良いでしょう。

 

LANケーブルの配線を自分で行う方法は?

準備

まず、必要な道具と材料をそろえます。次に、配線する場所を決め、必要なケーブルの長さを測定します。

ケーブルの準備

 1. ケーブルの被覆をストリッパーで剥きます。

 2. 露出した配線を正しい順序に並べます(TIA/EIA 568Aまたは568B)。

 3. RJ45コネクタに配線を挿入し、圧着工具で固定します。

配線の設置

 1. 壁や床を通すための穴を開けます。

 2. ケーブルを通し、必要な長さに調整します。

 3. 配線を固定し、接続機器に繋ぎます。

テスト

配線が完了したら、テスターを使用して接続が正しく行われているか確認します。これにより、ネットワークが正常に動作することを確認できます。

 

LAN配線工事を自分で行うメリットは?

費用の削減

自分で配線を行うことで、専門業者に依頼する際の費用を削減できます。必要な道具や材料は一度そろえれば、以降の配線にも使用できます。

スキルの向上

自分で配線を行うことで、ネットワークに関する知識や技術が向上します。これにより、今後のトラブルシューティングやネットワークの拡張もスムーズに行えるようになります。

自由な作業ペース

自分のペースで作業を進められるため、時間に縛られることなく、ゆっくりと確実に作業を行うことができます。

 

 

LAN配線工事を自分で行うデメリットは?

技術的な難しさ

配線作業には一定の技術が必要です。特に、ケーブルの圧着や配線の順序を間違えると、正常に動作しないことがあります。

時間がかかる

初めて行う場合、作業に時間がかかることがあります。また、トラブルが発生した場合の対応も自分で行わなければならないため、手間もかかります。

トラブルのリスク

配線作業中に誤ってケーブルを傷つけたり、接続が不完全になるリスクがあります。また、電気工事に不慣れな場合、感電や火災のリスクもあります。

 

専門業者に配線を依頼した方が良い場合とは?

大規模な配線工事

大規模なオフィスやビル全体の配線工事など、大量のケーブルを扱う場合は、専門業者に依頼することが推奨されます。プロの技術と経験が必要とされるため、効率的かつ安全に作業が進められます。

複雑なネットワーク構成

複雑なネットワーク構成や特殊な要件がある場合も、専門業者に依頼する方が良いでしょう。例えば、セキュリティ対策やデータセンターの設置など、高度な技術が求められる場合です。

安全性の確保

安全性を重視する場合も、専門業者に依頼することが賢明です。特に電気工事が伴う場合や、高所での作業が必要な場合は、安全対策がしっかりと取られている業者に任せることで、事故のリスクを減らせます。

 

専門業者に配線を依頼した場合のメリットは?

高品質な作業

専門業者に依頼することで、高品質な配線作業が期待できます。プロの技術者が作業を行うため、確実な接続と安定したネットワークが実現します。

保証とサポート

多くの専門業者は作業に対して保証を提供しています。もし問題が発生した場合でも、迅速に対応してもらえるため安心です。

時間の節約

自分で行う場合に比べて、業者に依頼することで時間を節約できます。特に急いでネットワークを整備したい場合や、大規模な工事が必要な場合には大きなメリットとなります。

 

専門業者に配線を依頼した場合のデメリットは?

コストがかかる

専門業者に依頼する場合、当然ながら費用がかかります。特に大規模な工事や高度な技術が必要な場合は、コストが高くなることがあります。

スケジュール調整が必要

業者のスケジュールに合わせて作業を行う必要があるため、自分の都合に合わせて柔軟に作業を進めることが難しくなる場合があります。

個別の要望に対応しにくい場合がある

業者によっては、標準的なサービスしか提供しておらず、細かな要望に対応しにくい場合があります。特に特殊な要件がある場合は、事前に業者としっかり相談することが重要です。

 

 

まとめ

LAN配線は自分で行うことができる作業ですが、一定の知識と技術が必要です。費用を抑え、自分のペースで作業を進めたい場合は、自分で配線を行うのも一つの方法です。しかし、技術的な難しさやトラブルのリスクも考慮する必要があります。

一方で、専門業者に依頼することで高品質な作業と迅速なサポートが受けられます。特に大規模な工事や複雑なネットワーク構成の場合は、業者に任せることが賢明です。自分の状況やニーズに応じて、最適な方法を選びましょう。

 

LANとは? 基本から役割、種類、仕組みまで徹底解説
一覧へ戻る
LANケーブルの配線に資格は必要? 家庭とオフィスでの違いを解説

関連記事