LAN

2024.07.06

LANとは? 基本から役割、種類、仕組みまで徹底解説

 

LANって何?

LAN(Local Area Network)は、限られた範囲内で使用されるネットワークのことを指します。例えば、オフィスビルや家庭内で使われるネットワークが典型的な例です。LANは、パソコンやプリンター、スマートフォンなどのデバイスを接続し、データの共有やインターネットへのアクセスを可能にします。近距離のデバイスを結びつけるためのネットワーク技術であり、迅速で効率的なコミュニケーションを支えています。

 

LANの役割って何?

データ共有の促進

LANの主要な役割は、データの共有です。複数のデバイスが同じネットワークに接続されることで、ファイルの転送やプリンターの共有が簡単になります。例えば、オフィスでは、各社員が自分のパソコンから同じプリンターを使うことができます。

コミュニケーションの円滑化

LANは、内部コミュニケーションを円滑にします。チャットアプリケーションやビデオ会議システムなどを通じて、迅速なコミュニケーションが可能になります。

インターネット接続の共有

LANを使用することで、複数のデバイスがインターネットに接続できます。これにより、全てのデバイスが独自にインターネット接続を持つ必要がなくなり、コストの削減と管理の簡素化が図れます。

 

LANの種類は?

有線LAN

有線LANは、物理的なケーブルを使用してデバイスを接続するネットワークです。速度が速く、信頼性が高いことが特徴です。例えば、オフィスや家庭で一般的に使われるイーサネットケーブルがこれに当たります。

無線LAN(Wi-Fi)

無線LANは、電波を使用してデバイスを接続するネットワークです。ケーブルが不要なため、設置が簡単で柔軟性があります。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスにも対応しています。

仮想LAN(VLAN)

仮想LAN(VLAN)は、物理的な配置に関係なく、ネットワーク内のデバイスを論理的に分割する技術です。セキュリティや管理の効率を向上させるために利用されます。

 

LANの仕組みってどうなってるの?

ネットワークデバイスの役割

LANは、ハブ、スイッチ、ルーターなどのネットワークデバイスを使用して構築されます。ハブはデータを全てのポートに送信する単純なデバイスであり、スイッチはデータを特定のデバイスにのみ送信する機能があります。ルーターは、異なるネットワーク間のデータの転送を担当します。

ネットワークトポロジー (接続形態)

LANの構築には、スター型、リング型、バス型などのトポロジーが使用されます。それぞれのトポロジーには利点と欠点があり、ネットワークの規模や用途に応じて適切なトポロジーが選ばれます。

プロトコル

LANの通信には、TCP/IPやEthernetなどのプロトコルが使用されます。これらのプロトコルは、データの送受信方法を規定し、デバイス間の通信をスムーズに行うためのルールセットになります。

IPアドレス

各デバイスには、IPアドレスが割り当てられます。このアドレスは、デバイスを一意に識別し、データの送受信先を正確に指定するために使用されます。

 

 

LANを使用した時のメリット・デメリットは?

メリット

高速なデータ転送

LANは、短距離での高速なデータ転送が可能です。例えば、大容量のファイルも短時間で転送できます。

コスト効率

LANを使用することで、インターネット接続やプリンターなどのリソースを共有でき、コストの削減が図れます。

セキュリティ

LANは、特定の範囲内で使用されるため、インターネットに比べてセキュリティリスクが低いです。

デメリット

設置と管理の手間

特に有線LANは、ケーブルの敷設やネットワークデバイスの設置に手間がかかります。

トラブルシューティング

ネットワークに問題が発生した場合、その原因を特定して解決するのに時間がかかることがあります。

 

LAN設定時に必要となる機材は?

ハードウェア

ルーター

LANをインターネットに接続するためには、ルーターが必要です。

スイッチ

複数のデバイスを接続するためには、スイッチが使用されます。

ケーブル

有線LANの場合、イーサネットケーブルが必要です。

ソフトウェア

ネットワーク管理ツール

ネットワークの設定や管理を行うためには、専用のソフトウェアが必要です。

セキュリティソフト

LANのセキュリティを確保するために、ファイアウォールやウイルス対策ソフトが必要です。

 

LANのセキュリティは?

セキュリティリスク

LANは、外部からの攻撃や内部の不正アクセスに対するセキュリティ対策が必要となります。特に、Wi-Fi接続を利用する場合、不正アクセスや盗聴のリスクが高まります。

アクセス制御

LANのセキュリティを確保するためには、アクセス制御が重要です。これにより、許可されたデバイスのみがネットワークに接続できます。

暗号化

データの暗号化は、LAN内の通信を保護するために重要です。これにより、データの盗聴や改ざんを防止します。

ファイアウォール

ファイアウォールは、不正なアクセスからネットワークを保護するための重要なツールです。

 

 

まとめ

LANは、効率的なデータ共有、迅速なコミュニケーション、コスト削減など多くのメリットを提供します。しかし、設置や管理には手間がかかり、セキュリティ対策も必要です。適切な機材と設定を行い、セキュリティを確保することで、LANは非常に有用なネットワーク技術となります。これからのデジタル社会において、LANの理解と活用はますます重要となるでしょう。

 

リフォームと一緒に考えるLAN配線のメリットと設計ガイド
一覧へ戻る
LAN配線を自分でやるべき? 専門業者に依頼すべき?

関連記事