有線LAN

2024.05.26

LAN配線のセキュリティ対策:企業と家庭で守るべきポイント

 

LAN配線のセキュリティとは?

LAN配線のセキュリティとは、企業や家庭内で使用されるネットワークが不正アクセスや情報漏洩から守られるための施策や技術のことです。セキュリティ対策は、物理的な配線の保護やアクセス制御、暗号化技術など多岐にわたります。これにより、ネットワーク内の情報を安全にやり取りすることが可能になります。

1. 物理的なセキュリティ

配線の管理:配線を露出させないようにし、アクセス制限された場所に設置する。

配線経路の保護:ケーブルを施錠可能なダクトやケーブルトレイに通すことで、物理的なアクセスを防ぐ。

2. ネットワーク機器のセキュリティ

スイッチやルーターの保護:ネットワーク機器は施錠されたラックやキャビネットに設置し、物理的なアクセスを制限する。

ファームウェアの更新:スイッチやルーターのファームウェアを常に最新の状態に保ち、既知の脆弱性を解消する。

3. アクセス制御

MACアドレスフィルタリング:特定のデバイスのみがネットワークに接続できるように、MACアドレスフィルタリングを設定する。

ポートセキュリティ:スイッチポートごとに接続できるデバイスの数を制限し、未知のデバイスが接続された場合にアラートを発するように設定する。

4. 暗号化

データ通信の暗号化:ネットワーク内の通信データを暗号化し、盗聴から保護する。例えば、SSL/TLSなどのプロトコルを使用する。

VPNの使用:リモートアクセスや異なる拠点間の通信にはVPNを利用し、安全な通信を確保する。

5. 監視とログ管理

ネットワーク監視:ネットワークのトラフィックを監視し、不審な活動や異常を検知する。

ログ管理:ネットワーク機器のログを定期的に確認し、不正アクセスの兆候を早期に発見する。

6. セグメンテーション

ネットワークセグメンテーション:ネットワークを複数のセグメントに分け、必要最小限のアクセスのみを許可する。例えば、VLAN(仮想LAN)を使用することで、異なる部門や業務のトラフィックを分離する。

7. ユーザー教育

セキュリティ教育:ネットワークを利用するユーザーに対して、セキュリティ意識を高めるための教育を実施する。不審なメールやリンクをクリックしないように指導する。

 

これらの対策を組み合わせて実施することで、LAN配線のセキュリティを強化し、ネットワークを保護することができます。

 

セキュリティ面での有線LANと無線LANの異なる点とは?

有線LANと無線LANは、接続方法が異なるだけでなく、セキュリティ面でも大きな違いがあります。

有線LANの特性

有線LANは物理的にケーブルで接続されるため、物理的な侵入がない限り、不正アクセスのリスクは低いです。しかし、ケーブルを物理的に守る必要があり、適切な管理が求められます。

無線LANの特性

無線LANは、電波を使って接続されるため、物理的な制限が少なく、利便性が高い反面、電波を傍受されるリスクが高まります。強固な暗号化と適切な接続制御が必須となります。

 

セキュリティの方式は接続制限と暗号化の2つに大きく分かれる

セキュリティの方式は主に接続制限と暗号化の2つに分類されます。

接続制限

接続制限とは、ネットワークに接続できるデバイスやユーザーを限定する方法です。MACアドレスフィルタリングや認証システムの導入が一般的です。これにより、不正なデバイスの接続を防ぎます。

暗号化

暗号化とは、通信データを暗号化して、傍受されても内容が読み取られないようにする技術です。WPA2やWPA3などの無線LAN暗号化プロトコルが代表例です。これにより、通信の安全性が大幅に向上します。

 

 

有線LANのセキュリティに関する長所と短所は?

長所

 1. 物理的に強固:ケーブルを使うため、物理的なアクセスが必要であり、不正アクセスのリスクが低い。

 2. 安定した接続:電波干渉がないため、安定した通信が可能。

 3. 高い帯域幅:高速度の通信が可能で、大容量データの転送に適している。

短所

 1. 配線の管理が必要:配線が複雑になり、管理や設置が面倒。

 2. 柔軟性の欠如:デバイスの移動や追加が難しい。

 3. 物理的な脆弱性:ケーブルが物理的に切断されるリスクがある。

 

無線LANのセキュリティに関するリスクは?

無線LANにはいくつかのセキュリティリスクが存在します。

電波の傍受

無線LANは電波を使用するため、周囲の誰でも信号を受信することが可能です。このため、強固な暗号化が必要です。

不正アクセスポイント

攻撃者が不正なアクセスポイントを設置し、ユーザーを騙して接続させることで、情報を盗み取る手法。定期的なネットワークの監視が必要となります。

デバイスの盗難

無線LAN対応デバイスが盗まれると、ネットワークへのアクセス情報が漏洩するリスクがあります。デバイスの物理的なセキュリティも重要です。

 

身の回りのネットワーク環境に潜む脅威とセキュリティ意識の向上

ネットワーク環境には常に脅威が存在します。例えば、不正アクセスやデータの盗難、ウイルスの感染などが挙げられます。

セキュリティ意識の向上方法

 1. 定期的な更新:ソフトウェアやファームウェアを定期的に更新する。

 2. 強力なパスワードの設定:複雑なパスワードを設定し、定期的に変更する。

 3. ネットワークの監視:不審な活動を監視し、早期に対処する。

これらの対策を徹底することで、ネットワークの安全性を高めることができます。

 

有線LANと無線LANでのセキュリティ面の安全性は?

有線LANの安全性

有線LANは物理的な接続が必要であるため、比較的安全です。しかし、物理的なアクセス制御が不十分だと、内部からの脅威に弱いです。

無線LANの安全性

無線LANは利便性が高い反面、電波を使用するため、セキュリティリスクが高まります。暗号化技術や接続制限を適切に実施することで、安全性を確保できます。

総合的な安全性

両者ともに一長一短がありますが、適切なセキュリティ対策を講じることで、安全なネットワーク環境を構築することが可能です。

 

 

まとめ

LAN配線のセキュリティは、物理的な有線LANと電波を利用する無線LANの違いを理解し、それぞれの特性に合わせた対策を講じることが重要です。有線LANは安定性と高帯域幅が魅力ですが、配線管理が必要です。無線LANは利便性が高いものの、強固な暗号化と接続制限が不可欠です。ネットワーク環境を守るためには、日々のセキュリティ意識の向上と対策の実施が求められます。適切なセキュリティ対策を行い、安全なネットワーク環境を維持しましょう。

 

LAN配線工事の勘定科目とは? 設備投資としての扱い方を詳しく解説
一覧へ戻る
安定した通信環境を実現! LAN配線工事のメリットと業者選びのポイント

関連記事