LANケーブル

2024.06.22

LANケーブルの地中埋設:専門業者に依頼すべきか?

 

LANケーブルは地中に埋設配線できるの?

LANケーブルの配線方法にはさまざまな選択肢がありますが、その中でも地中埋設という方法があります。この方法は、見た目をすっきりさせたり、ケーブルを外部の環境から保護したりするために利用されます。ただし、いくつかのポイントに注意する必要があります。

 

1. 適切なケーブルの選択

地中に埋設する場合、特別なシールドや防水機能を持つ「屋外用LANケーブル」や「直埋ケーブル(Direct Burial Cable)」を使用する必要があります。これらのケーブルは耐候性や耐湿性に優れており、地中の過酷な環境でも性能を維持できます。

2. 保護管の使用

ケーブルを直接地中に埋めるのではなく、保護管を使用することで、物理的なダメージからケーブルを守ることができます。また、保護管を使用することで、将来的にケーブルを交換する際にも簡単に作業が行えます。

3. 埋設深度

ケーブルや保護管の埋設深度は、地面の状況や地域の規制によって異なりますが、一般的には30〜60センチメートル程度の深さに埋めることが推奨されます。

4. 地面の状況確認

埋設作業を行う前に、地中に他のインフラ(電力ケーブル、水道管、ガス管など)が存在しないか確認することが重要になります。これには、地元のユーティリティー会社や管理機関に問い合わせを行うことが必要な場合もあります。

5. 防水処理

ケーブルの接続部分や終端部分は、特に防水処理を徹底する必要があります。防水コネクタや防水ボックスを使用して、湿気や水分の侵入を防ぎます。

 

これらの点に留意することで、LANケーブルを安全かつ効果的に地中に埋設することができます。では、具体的にどのようにしてLANケーブルを地中に埋設するのか、またその利点や注意点について詳しく見ていきましょう。

 

地中埋設配線とは?

地中埋設配線とは、ケーブルを地中に埋め込むことで配線する方法です。これにより、ケーブルが見えなくなり、景観を損なわずにすみます。また、ケーブルが物理的な損傷を受けにくくなり、耐久性が向上します。地中に埋設することで、紫外線や風雨などの自然環境から保護されるため、特に屋外での配線に適しています。

 

どのような時に地中埋設するのか?

地中埋設配線が利用されるケースはさまざまです。例えば、庭や駐車場を横切る配線が必要な場合や、建物間をつなぐ際に地上にケーブルを露出させたくない場合に効果的です。また、外部からの侵入やいたずらを防止するために、ケーブルを隠す目的でも利用されます。特に、企業や公共施設では、セキュリティの観点からも地中埋設が推奨されることがあります。

 

LANケーブルを埋設する方法は?

LANケーブルを地中に埋設する方法には、いくつかのステップがあります。

1. 計画立案

まず、ケーブルを埋設するルートを決定します。

2. 掘削

次に、決定したルートに沿って溝を掘ります。深さは現場の状況によって変わりますが、通常0.3~0.6m程度が推奨されます。

3. 保護管の設置

ケーブルを保護するためのパイプを設置します。これにより、ケーブルが直接土壌と接触しないようにします。

4. ケーブルの設置

保護管の中にLANケーブルを通します。この際、ケーブルに過度なテンションをかけないように注意します。

5. 埋め戻し

溝を元に戻し、ケーブルをしっかりと埋めます。

 

この手順を踏むことで、LANケーブルを安全に地中に埋設することができます。

 

 

LANケーブルの地中埋設はDIYでできるの?

LANケーブルの地中埋設はDIYでも可能ですが、いくつかの注意点があります。まず、正確な計画立案と適切な工具が必要です。特に、溝を掘る際には、他の地下埋設物に注意しなければなりません。また、防水対策やケーブルの選定も重要です。通常のLANケーブルではなく、耐候性や防水性のあるケーブルを選ぶことが推奨されます。

 

LANケーブルの地中埋設は専門業者に依頼した方がいいの?

DIYでの埋設が難しい場合や、確実な施工を求める場合は、専門業者に依頼することをお勧めします。専門業者は、必要な知識と経験を持っており、迅速かつ安全に作業を行うことができます。また、万が一のトラブルが発生した際も、迅速に対応してもらえるため、安心です。

 

LANケーブルを地中埋設する際の注意点

LANケーブルを地中に埋設する際には、いくつかの注意点があります。

 ・ 防水対策:地中に埋設するケーブルは、必ず防水性のあるものを使用すること。

 ・ 適切な深さ:溝の深さは、ケーブルが物理的なダメージを受けないよう、十分に深くすること。

 ・ 保護管の使用:ケーブルを保護するために、必ず保護管を使用すること。

 

これらのポイントを守ることで、LANケーブルの地中埋設を安全かつ効果的に行うことができます。

 

まとめ

LANケーブルの地中埋設配線は、見た目をすっきりさせ、ケーブルを保護するための有効な方法です。DIYでも可能ですが、確実な施工を求める場合は専門業者に依頼することをお勧めします。適切な計画と注意点を守ることで、長期間にわたり安定した通信環境を維持することができます。

 

犬がLANケーブルをかじるのはなぜ? LANケーブルを守るための犬対策:トラブルを未然に防ぐ方法
一覧へ戻る
LANケーブルも危険? ケーブル火災のリスクと防止策

関連記事