LAN

2024.06.21

有線LANと無線LANの違いと切り替え方法を解説:ビジネス環境に最適なLAN構築法

 

社内のLANを構築する有線LAN接続と無線LAN接続って?

現代のビジネス環境において、社内ネットワークの構築は非常に重要です。社内ネットワークを構築する際には、有線LAN接続と無線LAN接続のどちらを選ぶかが大きな課題となります。この記事では、有線LAN接続と無線LAN接続の特徴、利点、欠点、切り替え方法について詳しく解説していこうと思います。

 

有線LAN接続とは?

有線LAN接続とは、物理的なケーブルを用いてデバイスをネットワークに接続する方式です。一般的には、イーサネットケーブルを使用してコンピュータ、プリンタ、サーバーなどのデバイスをネットワークスイッチやルーターに接続します。

有線LANの特徴

 1. 安定した接続:ケーブルを使用するため、接続が非常に安定しています。

 2. 高速通信:有線接続は通常、無線接続よりも高速なデータ転送速度を提供できます。

 3. セキュリティ:物理的な接続のため、無線LANに比べてセキュリティリスクが低いです。

 

無線LAN接続とは?

無線LAN接続とは、Wi-Fiを利用してデバイスをネットワークに接続する方式です。無線LANは、ケーブルを使用せずにデバイスをネットワークに接続できるため、設置や移動が容易になります。

無線LANの特徴

 1. 柔軟性:ケーブルが不要なため、デバイスの設置場所に制約がありません。

 2. 拡張性:追加のデバイスを簡単にネットワークに接続できます。

 3. 利便性:特にモバイルデバイスの接続が容易となります。

 

有線LANを無線LANに切り替えた時のメリットは?

有線LANを無線LANに切り替えることで、いくつかの重要なメリットがあります。

1. 移動の自由

無線LANはケーブルに縛られないため、デバイスを自由に移動させることができます。これにより、オフィス内での作業がフレキシブルに行えるようになります。

2. 設置の簡便さ

新しいデバイスをネットワークに追加する際、有線接続の場合はケーブルの配線が必要ですが、無線LANであれば簡単に接続できます。

3. コストの削減

配線の手間やコストを削減できるため、無線LANは長期的な運用コストの低減につながります。

 

有線LANを無線LANに切り替えた時のデメリットは?

一方で、有線LANから無線LANへの切り替えにはデメリットも存在します。

1. 接続の安定性

無線接続は、電波の干渉や距離の影響を受けやすいため、接続が不安定になる可能性があります。

2. 速度の低下

無線LANは、有線LANに比べてデータ転送速度が遅い場合があります。特に多数のデバイスが同時に接続すると、速度低下が顕著になります。

3. セキュリティリスク

無線LANは、有線LANに比べてセキュリティリスクが高くなります。適切なセキュリティ対策が必要となります。

 

有線LANから無線LANへの切り替えのやり方は?

有線LANから無線LANに切り替える際の基本的な手順を紹介します。

1. 無線LANルーターの設置

無線LANルーターを適切な場所に設置します。電波の届く範囲を考慮して、中央に配置するのが理想的です。

2. ネットワーク設定の確認

無線LANルーターの設定を行います。SSID(ネットワーク名)やパスワードの設定を忘れずに行いましょう。

3. デバイスの接続

各デバイスを無線LANネットワークに接続します。接続がうまくいかない場合は、設定を再確認します。

 

有線LANを無線LANに切り替える際に確認しておくことって何?

無線LANへの切り替えをスムーズに行うためには、以下のポイントを事前に確認しておくことが重要です。

1. 電波の範囲

無線LANルーターの電波がオフィス全体に行き渡るか確認します。必要に応じて、Wi-Fi中継機を使用することも検討しましょう。

2. ネットワークのセキュリティ

無線LANのセキュリティ設定を確認し、不正アクセスを防ぐために強固なパスワードや暗号化を使用しましょう。

3. デバイスの互換性

すべてのデバイスが無線LANに対応しているか確認します。古いデバイスは無線LANに対応していない場合があるため、必要に応じてアップグレードが必要となります。

 

 

無線LANを有線LANに切り替えた時のメリットは?

無線LANから有線LANに切り替える場合、以下のようなメリットがあります。

1. 安定した接続

有線接続は外部の影響を受けにくく、常に安定した通信が可能となります。

2. 高速通信

有線LANは通常、無線LANよりも高速なデータ転送速度を提供します。特に大容量データの転送が必要な場合に有利となります。

3. セキュリティ

物理的な接続のため、不正アクセスのリスクが低く、セキュリティが高いです。

 

無線LANを有線LANに切り替えた時のデメリットは?

一方で、無線LANから有線LANに切り替えることには以下のようなデメリットがあります。

1. 設置の手間

ケーブルの配線が必要となり、設置に手間がかかります。また、配線が煩雑になることがあります。

2. 柔軟性の低下

デバイスの設置場所がケーブルの届く範囲に限られるため、柔軟性が低下します。

3. コスト

新たに配線を行う場合、追加のコストが発生することがあります。

 

無線LANから有線LANへの切り替えのやり方は?

無線LANから有線LANに切り替える際の基本的な手順を紹介します。

1. ネットワークスイッチの設置

ネットワークスイッチを設置し、各デバイスに接続するための準備を行います。

2. ケーブルの配線

必要な長さのイーサネットケーブルを用意し、デバイスとスイッチを接続します。

3. ネットワーク設定の確認

各デバイスのネットワーク設定を有線接続に合わせて変更します。

 

無線LANを有線LANに切り替える際に確認しておくことって何?

有線LANへの切り替えをスムーズに行うためには、以下のポイントを事前に確認しておくことが重要となります。

1. 配線計画

オフィス内の配線計画を立て、必要なケーブルの長さや配線経路を確認しておきます。

2. ネットワーク機器の配置

ネットワークスイッチやルーターの配置を決め、ケーブルの長さが適切であることを確認します。

3. デバイスの互換性

すべてのデバイスが有線LANに対応しているか確認します。必要に応じて、ネットワークカードの追加や設定変更が必要となります。

 

 

まとめ

社内ネットワークの構築には、有線LANと無線LANのどちらを選ぶかが重要となります。それぞれにメリット・デメリットがあり、使用する環境やニーズに応じて最適な方法を選択することが求められます。総じて、無線LANは柔軟性や設置の簡便さが魅力ですが、安定性やセキュリティ面では有線LANが優れています。切り替えを行う際は、各方式の特性を理解し、適切な準備と確認を行うことで、スムーズな導入が可能となります。

 

LANケーブルのツメが折れる? 高速で安定した接続を実現するLANケーブルの種類とツメの重要性
一覧へ戻る
なぜ社内ネットワークが遅くなるのか? ビジネスの効率を阻害するネットワーク不安定の解決策

関連記事