LAN

2024.06.15

ネットワーク環境を整える! LAN増設工事のポイントと注意点

 

LANの増設工事・・・ どうしたらいい?

近年、インターネットの利用がますます普及しています。それに伴い、自宅やオフィスでのネットワーク環境の整備が重要になってきています。特に LAN(Local Area Network)の増設工事は、そういった意味ではとても大きな要素であり、ネットワークの安定性、スピードの向上などなどを考慮すると、適切な LAN の増設工事がどうしても必要となってきます。では、どのようにして LAN の増設工事を進めるべきでしょうか?

早速、見ていきましょう!

 

LANの増設工事、DIYなのか業者に依頼した方がいいのか?

自分でやる場合のメリットとデメリット

メリット

LAN の増設を自分で行う(DIY)場合、メリットとしての大きなひとつはコストを低くできることです。そして、必要な機器やツールを自分で選び、好きなように作業を進めることもできます。また、自分で作業することで、ネットワークの仕組みや構造を理解できる良い機会にもなります。

デメリット

しかし、DIY の際、技術的な知識が不足していると、作業がうまくいかない可能性があります。ケーブルの取り回しや配線のルート、接続方法など、モデルの知識が必要な部分が多いため、失敗すると時間と労力を無駄にすることになります。

業者に依頼する場合のメリットとデメリット

メリット

一方、業者に依頼する場合、確実かつ経験を持った業者が作業を行うため、品質が保証されます。ここは大きなポイントです。トラブルが発生しても迅速に対応してくれるため、安心感も生まれます。また、工事に必要な機器や材料も当然業者が準備しますので、自身で用意する必要はありません。

デメリット

ただし、業者に依頼すると当然、工事費用が発生します。特に大規模な工事になると、費用が高額になることがあります。また、業者とのスケジュール調整が必要になるため、自身の都合通りに作業を進めることが難しい場合もあります。

 

LANの増設工事、DIYの場合は?

DIY で LAN の増設工事を行う場合は、事前準備と計画をしっかり立ててください。以下は、DIY で工事を進める際の大まかな手順です。

ステップ1:必要な機器とツールの準備

LAN ケーブル、ルーター、スイッチングハブ、ケーブルクランプ、LAN コネクタなどを準備します。また、ドリルやケーブルストリッパー、テスタなどの工具も必要になります。

ステップ2:設置場所の選定

増設する場所を決定し、配線ルートを計画します。壁や天井を通す場合は、配線用のダクトやカバーも考慮しましょう。

ステップ3:配線作業

計画に基づいて、ケーブルを敷設します。この時、ケーブルの引き回しには十分注意し、他の電気配線や障害物と干渉しないように考慮します。

ステップ4:接続してテスト

すべてのケーブル、ネットワーク機器を接続します。最後に、接続テストを行い、正しく動作していることを確認します。

注意点

 ・ 配線の取り回しには十分注意する

 ・ ケーブルの長さや種類にも注意をする

 ・ 接続作業終了後のテストは必ず行う

 

 

LAN増設工事を行う際の注意点とは?

LAN の増設工事を行う場合、いくつか注意点があります。これらのポイントを押さえておくことで、安心して工事を進めることができます。

事前調査の重要性

工事を始める前に、現状のネットワーク環境と使用する機器の確認を行いましょう。現状の問題点を明確にし、どのような改善が必要かを把握します。

適切な機器の選定

使用する機器は、性能や互換性のあるモノを選びます。特に、ルーターやスイッチングハブなどは、必要なポート数や通信速度に応じたものを選びましょう。

安全対策

配線作業中の安全対策は重要です。電源を切る、工具の使い方に注意するケーブルの引き回しに気をつけるなど、基本的な安全対策を徹底しましょう。

 

DIY での作業もできないワケではないのですが、確実なネットワーク環境を求めるならば業者に任せましょう!

 

LANの増設工事を業者に依頼したほうがいい場合とは?

複雑な配線

複数の部屋にLANポートを設置するなど、複雑な配線等が必要な場合は業者に依頼する方が良いでしょう。プロフェッショナルな技術と経験を持つ業者なら、効率的かつ確実に配線を行ってくれます。

高度なネットワーク設定

VLAN(仮想LAN)やセキュリティ設定など、高度なネットワーク設定も業者に依頼するのが賢明です。業者は最新のネットワーク技術を有しており、適切な設定を行ってくれます。

保証やサポート

工事後のトラブル対応や、保証やサポートに関して。業者による工事には、通常、一定期間の保証がついており、トラブルが発生した際も迅速に対応してくれます。

 

まとめ

LAN の増設工事は、ネットワーク環境を向上させるための重要な作業と捉えることができます。DIY と業者への依頼のどちらを選ぶかは、工事の規模や複雑さ、予算に応じて判断する必要があります。 DIY の場合は自身で適切な機器と工具をそろえ、作業を進めることになります。 一方、業者に依頼する場合は、費用はかかりますが、確実な工事と安心のサポートが期待できます。 いずれの場合も、事前にしっかりと計画し、安全に配慮しながら工事を進めてください。

 

LANケーブルの断線とは? 原因と対策を徹底解説
一覧へ戻る
インターネット接続に欠かせない! LANケーブルと光ファイバーケーブルの特徴を解説

関連記事