LAN

2024.06.12

LANとイーサネットの違いと活用法:高速で安定したネットワークを構築する方法とは?

 

LANとイーサネットの違いって何?

LAN(Local Area Network)とイーサネット(Ethernet)は、コンピュータネットワーキングにおいてよく関連して使われる用語です。しかし、厳密には異なる概念です。以下に、LANとイーサネットの主な違いを示してみました。 

LAN(Local Area Network)

LANとは、限られた地理的な範囲 (通常は家庭、オフィス、ビル内) で使用されるコンピューターネットワークのことを指します。

特徴としては

 ・ 小規模なエリアに限定される

 ・ 高いデータ転送速度 (一般的には100Mbpsから数Gbps)

 ・ 通常は単一の個人または組織が所有し、管理する

 ・ 共有できるモノとして、ファイル、プリンタ、インターネットアクセスなどなど

イーサネット(Ethernet)

イーサネットとは、LAN内でデータを送受信するための技術およびプロトコルを指します。

特徴としては

 ・ 規格は、IEEE 802.3標準に準拠

 ・ 伝送媒体として通常、ツイストペアケーブル、光ファイバー、無線などを使用する

 ・ 速度は、10Mbpsから10Gbps以上までさまざま

 ・ ネットワークの接続形態としては、スター型・バス型・リング型など

 ・ データをパケットという小さな単位に分割し、MACアドレスを用いて通信する

LANとイーサネットの関係性

イーサネットはLANの一部である:LANはさまざまな技術やプロトコルで構成される可能性がありますが、イーサネットはその中でももっとも一般的に使われる技術です。

イーサネットの役割とは、LAN内でのデータ通信を効率的かつ信頼性高く行うための標準的な方法の提供になります。

LANとイーサネットのまとめ

LANとは、ネットワークの形態や範囲を示す用語であり、

イーサネットとは、LAN内でデータを送受信するための具体的な技術およびプロトコルのことになります。

 

LANの構築においてはイーサネット技術を使用することで、効率的で高速なデータ通信を実現できます。

 

改めてイーサネットとは何?

イーサネットは、1970年代に発明され、現在に至るまで進化を続けているネットワーク技術です。具体的には、データリンク層物理層で動作し、データをフレームという単位で送受信します。イーサネットの規格は、IEEE 802.3として標準化されており、多くの機器がこの規格に準拠しています。

 

イーサネットの役割と用途は?

イーサネットの役割は、ネットワーク内でのデータ通信を効率的かつ確実に行うことです。これにより、ファイルの共有、インターネットアクセス、プリンターやサーバーの利用がスムーズに行えます。

主な用途としては

 1. オフィスネットワーク:業務用パソコンやプリンターを接続詞、情報の共有を促進します。

 2. 家庭内ネットワーク:インターネット接続、スマート家電の制御など。

 3. データセンター:大規模なデータの管理・転送をサポートします。

 

イーサネットのケーブルの種類は?

イーサネットのケーブルには、いくつかの種類があり、それぞれ異なる性能と用途を持っています。

主なケーブルの種類は

 1. CAT5e:最大1Gbpsの速度に対応し、一般的な家庭や小規模オフィスなどで使用されます。

 2. CAT6:最大10Gbpsの速度に対応し、より高速な通信が求められる環境に適しています。

 3. CAT6a:さらに長距離でも10Gbpsの速度を維持でき、ノイズ対策が強化されています。

 4. CAT7:最大40Gbpsの速度に対応し、高度なノイズ対策が施されています。

 

 

イーサネットの規格の違いは?

イーサネットの規格にはいくつかの種類があり、速度や使用されるケーブルの種類によって異なります。

主な規格の違いは

 1. 10BASE-T:最大10Mbpsの速度で、初期のイーサネットの規格。

 2. 100BASE-TX:最大100Mbpsの速度で、広く普及したファストイーサネット。

 3. 1000BASE-T:最大1Gbpsの速度で、現在の標準的なギガビットイーサネット。

 4. 10GBASE-T:最大10Gbpsの速度で、データセンターや高性能ネットワークに使用。

 

ネットワーク接続でイーサネットを活用するメリットは?

イーサネットを活用することで、以下のようなメリットがあります。

主なメリットは

 1. 安定性:ワイヤレス接続と比較して、干渉を受けにくく安定した通信が可能です。

 2. 高速性:大容量データの送受信が迅速に行えます。

 3. セキュリティ:有線接続により、外部からの不正アクセスなどを困難にさせます。

 

これにより、オフィスや家庭内でのデータ通信の効率化や作業の生産性の向上が期待できます。

 

イーサネットの接続が不安定な場合の対処は?

イーサネット接続が不安定になる原因はさまざまです。

接続が不安定になった際の対処方法

 1. ケーブルを確認してみる:ケーブルが断線・損傷していないか、しっかりと接続されているかを確認してみます。

 2. ネットワーク機器を再起動してみる:ルーターやスイッチを再起動して、接続のリフレッシュを試みます。

 3. ドライバーを更新してみる:ネットワークアダプターのドライバーを最新のモノに更新してみます。

 4. 他機器などとの干渉の確認:他のデバイス・電子機器からの干渉がないかを確認し、必要であれば配置変更を行います。

 

 

まとめ

イーサネットは、安定性高速性セキュリティの観点から非常に優れたネットワーク技術です。現在さまざまな環境で広く利用され、我々の日常生活や業務において欠かせない存在となっています。もし接続が不安定な場合は、ケーブルの確認機器の再起動など、基本的な対処法を試してみてください。これにより、より快適なネットワーク環境を実現できるでしょう。

 

オフィス効率化の鍵:OAフロアとLAN配線の整備ガイド
一覧へ戻る
中小企業がDXに取り組む理由と成功のためのポイント

関連記事