LANケーブル

2024.06.26

LANケーブルとは? 基本から用途まで徹底解説!

 

そもそも、LANケーブルって何?

LANケーブルは、ローカルエリアネットワーク / Local Area Network(局所通信網)内でデバイスを接続するために使用されるケーブルです。具体的には、パソコンやプリンター、ルーターなどのネットワーク機器を物理的に接続し、データ通信を行うためのものになります。

LANケーブルは、見た目は普通の電気コードのようですが、内部には複数の銅線が通っており、それらがデータを高速に送受信する役割を果たします。このケーブルがなければ、インターネットや社内ネットワークを通じたデータのやり取りがスムーズに行えません。

 

LANケーブルの用途って? LANケーブルは何に使うの?

LANケーブルの主な用途は、デバイス同士を有線で接続し、ネットワークを構築することです。

家庭での使用

家庭では、LANケーブルを使ってルーターとパソコンを接続し、インターネットに接続します。また、ネットワーク対応のテレビやゲーム機をインターネットに接続する際にも使用されます。

企業での使用

企業では、LANケーブルを使用して、社内ネットワークを構築します。これにより、パソコン同士やサーバー、プリンターなどのデバイスが接続され、データの共有や業務の効率化が図られます。

公共施設での使用

公共施設でも、LANケーブルは重要な役割を果たします。例えば、図書館やカフェでは、訪問者が安定したインターネット接続を利用できるように、LANケーブルが設置されています。

 

なぜLANケーブルが必要なの?

LANケーブルが必要な理由は、安定したデータ通信を実現するためです。

無線通信との違い

無線通信(Wi-Fi)は便利ですが、電波干渉や距離の制約があります。一方、LANケーブルを使用した有線接続は、安定性と速度に優れており、特にデータ量が多い場合や、安定した接続が求められる場面で有効です。

セキュリティの向上

有線接続は、無線接続に比べてセキュリティ面で優れているため、企業や公共施設での利用が推奨されます。物理的に接続されているため、外部からの不正アクセスを防ぐことができます。

高速通信

LANケーブルを使用することで、高速なデータ転送が可能になります。これにより、大容量のファイル転送やオンラインゲーム、ビデオ会議なども快適に行えます。

 

LANケーブルを使用していない人ってかなり多い?

近年では、Wi-Fiの普及により、LANケーブルを使用していない人が増えています。特に、家庭内ではWi-Fiルーターが主流となっており、多くのデバイスが無線接続でインターネットにアクセスしています。

しかし、全てのデバイスや状況で無線接続が最適とは限りません。例えば、ゲーマー動画クリエイターは、遅延や通信の途切れを防ぐために有線接続を好むことが多いです。また、オフィス環境でも安定した通信が求められるため、有線接続が一般的です。

 

 

LANケーブルを使用するメリットは?

LANケーブルを使用することには、多くのメリットがあります。

安定した接続

有線接続は電波の干渉を受けにくく、常に安定した接続を提供します。特に、インターネット接続が頻繁に途切れる場合や、複数のデバイスが同時に接続される環境では有効です。

高速な通信速度

LANケーブルは、高速なデータ通信を可能にします。これにより、大容量のファイルのダウンロードやアップロード、ストリーミングサービスの利用がスムーズに行えます。

セキュリティの向上

有線接続は、無線接続に比べてセキュリティが高いです。外部からの不正アクセスを防ぐため、企業や公共施設では有線接続が推奨されます。

低遅延

オンラインゲームやビデオ会議など、低遅延が求められる場合にも、有線接続は非常に有効です。遅延が少ないため、リアルタイムでのやり取りがスムーズに行えます。

 

LANケーブルはどこで購入する?

LANケーブルは、様々な場所で購入することができます。

家電量販店

家電量販店では、多種多様なLANケーブルが販売されています。専門スタッフがいるため、必要なケーブルの選び方についてアドバイスを受けることができます。

インターネット通販

インターネット通販サイトでも、LANケーブルは豊富に取り扱われています。自宅から簡単に購入でき、レビューを参考に選ぶことも可能です。

パソコンショップ

パソコンショップでは、特に高性能なLANケーブルが揃っていることが多いです。専門知識を持ったスタッフがいるため、技術的な質問にも対応してもらえます。

 

LANケーブルの種類・規格は?

LANケーブルには、いくつかの種類や規格があります。

CAT5e

CAT5eは、一般家庭でよく使われる標準的なケーブルです。最大1Gbpsの通信速度に対応しています。

CAT6

CAT6は、CAT5eよりも高い周波数に対応しており、最大10Gbpsの通信速度を実現します。オフィス環境や高性能を求める家庭向けに適しています。

CAT7

CAT7は、さらに高い通信速度とノイズ耐性を持ち、最大10Gbpsの通信をサポートします。高品質なネットワークが求められる場合に使用されます。

CAT8

CAT8は、最新の規格であり、最大40Gbpsの超高速通信に対応します。データセンターやサーバールームなど、最先端のネットワーク環境に適しています。

 

 

まとめ

LANケーブルは、デバイス同士を有線で接続し、安定したデータ通信を実現するための重要なツールです。無線通信の普及により使用頻度が減少していますが、安定性高速通信セキュリティの観点から、特定の用途や環境では依然として欠かせない存在です。LANケーブルの種類や規格を理解し、適切なケーブルを選ぶことで、より快適なネットワーク環境を構築することができます。

 

弱電設備で生活を豊かに! LAN配線からセキュリティシステムまで
一覧へ戻る
校内LANの整備で学校が変わる! その理由と導入ポイント

関連記事