LANケーブル

2024.06.18

LANケーブルがねじれるのはなぜ? 問題点と改善策を解説

 

LANケーブルなどのケーブル類はなぜねじれてしまうのか?

LANケーブルなどのケーブル類がねじれてしまう理由は、いくつかの要因があります。

使用時の動き

ケーブルを頻繁に動かしたり、曲げたりすることで、自然にねじれてしまいます。これには、ケーブルを差し込んだり抜いたりする際の手の動きや、機器の移動などが含まれます。

保管方法

ケーブルを収納する際に、適切に巻かずに乱雑に置いておくと、ねじれが生じやすくなります。特に、急いで片付ける時や、スペースが限られている場合に発生しやすいです。

素材の特性

ケーブルの被覆材や内部の構造がねじれやすいものだと、使用中に自然にねじれてしまいます。例えば、柔軟性の高い素材や、内部に複数のワイヤーが絡み合っている構造のモノは、ねじれやすい傾向があります。

静電気や摩擦

ケーブルが他の物体と接触することで、静電気が発生し、それが原因でケーブルが引き寄せられたり、くっついたりしてねじれが生じることがあります。また、摩擦によってもねじれが発生することがあります。

 

これらの要因が組み合わさることで、LANケーブルなどのケーブル類は使用中や保管中にねじれてしまうことがよくあります。ケーブルのねじれを防ぐためには、使用後に適切に巻いて保管することや、ケーブルを引っ張ったり、無理に曲げたりしないようにすることが重要です。

 

LANケーブルのねじれは通信などに影響をおよぼす?

LANケーブルのねじれは、通信品質や速度に影響を与える可能性があります。具体的な影響としては以下のようなものがあります。 

信号の劣化

ケーブルがねじれることで、内部の導線が不均一になり、信号の劣化や損失が発生する可能性があります。これは特に長い距離を伝送する場合に顕著になります。

クロストークの増加

ねじれによって、ケーブル内のペア間でのクロストーク(信号の干渉)が増加することがあります。これはデータの誤りや速度低下の原因となります。

物理的な損傷

極端なねじれはケーブルの物理的な構造を損傷し、内部の導線が切れたり、シールドが破損したりすることがあります。これにより、通信が完全に途絶えてしまうこともあります。

コネクタ部分の劣化

ケーブルがねじれると、コネクタ部分に過剰なストレスがかかり、接続が不安定になることがあります。

 

ケーブルの余った部分、束ねて使用していいの?

余ったケーブルを束ねて使用することは一見便利に思えますが、いくつかの注意点があります。まず、束ねることでケーブルの熱がこもりやすくなり、過熱による性能低下や劣化が早まってしまうことがあります。また、きつく束ねすぎると、ケーブル内の導線が圧迫されて信号伝達に支障が生じることもあります。

 

ケーブルを束ねる際、気を付けること

ケーブルを束ねる際には、以下の点に注意してください。

ゆるく束ねる:きつく巻かず、適度にゆとりを持たせて束ねることが重要です。

通気性を確保:束ねる際に通気性を確保し、熱がこもらないようにします。

適切な素材を使用:ビニールテープやプラスチックの結束バンドではなく、マジックテープなどの柔軟性のある素材を使用すると良いでしょう。

 

 

ケーブルを束ねた後のねじれや折れに注意する

ケーブルを束ねた後も、ねじれや折れに注意が必要です。ねじれた状態で長時間放置すると、ケーブルの内部構造が損傷しやすくなります。また、急激な折れは内部の導線を切断する原因となるため、ケーブルを取り扱う際には注意が必要です。

 

ケーブルのねじれ対策は?

ケーブルのねじれを防ぐための対策としては、以下の方法が効果的です。

ケーブルマネジメントツールの使用:ケーブルホルダーやケーブルクリップを使用して、ケーブルの位置を固定します。

ケーブルの巻き方を工夫:最初からねじれないように、正しい方法でケーブルを巻くことが大切です。例えば、8の字に巻く方法など推奨されます。

定期的なチェック:定期的にケーブルの状態を確認し、ねじれや折れがないかをチェックします。

 

LANケーブル等の不具合は他機器との接続不良の原因になってしまう?

LANケーブルなどの不具合は、他の機器との接続不良の原因となります。例えば、ねじれたケーブルが原因でインターネット接続が途切れることや、データの転送速度が低下することがあります。これにより、業務効率の低下や、ストレスを感じる原因となるため、ケーブルの状態を常に良好に保つことが重要となります。

 

LANケーブル等、配線や機器の定期的なチェックは必要

配線や機器の定期的なチェックは、安定した通信環境を維持するために欠かせません。特に、オフィスや家庭で多くの機器を使用している場合、ケーブルが頻繁に動かされることが多いため、定期的にチェックを行うことが重要です。定期的なチェックを行うことで、不具合を早期に発見し、対処することが可能となります。

 

まとめ

ケーブルのねじれや束ね方に関する注意点を理解し、適切に管理することで、通信環境の安定性を保つことができます。特にLANケーブルは、ねじれや束ね方が通信性能に直接影響を与えるため、常に良好な状態を維持することが重要です。定期的なチェックと適切な対策を行うことで、快適なインターネット環境を実現しましょう。

 

猫の狩猟本能対策:LANケーブルを守る秘訣とは?
一覧へ戻る
ネズミに要注意! LANケーブルのトラブルを未然に防ぐ方法

関連記事