LAN

2024.06.13

LAN回線で利用できるIP電話とは? 企業の通信インフラを最適化する方法

 

LAN回線を利用できる電話機って?

LAN回線を利用できる電話機とは、インターネットプロトコル(IP)を使用して通信を行う電話機のことをいいます。従来のアナログ電話回線とは異なり、デジタルデータとして音声のやり取りを行うことができます。この種の電話機は、通常の電話回線ではなく、LANケーブルを用いてネットワークに接続して使用します。

LAN回線を利用することで、高品質な音声通話が可能となり、通信コストの削減や多機能なサービスを提供できます。さらに、インターネットを介して遠隔地との通話も容易になります。

 

会社の電話機をLANで利用するには?

会社の電話機をLANで利用するためには、いくつかの手順が必要となります。まず、IP電話機を準備します。IP電話機はLANケーブルを使ってネットワークに接続し、IPアドレスを割り当てることで通信が可能となります。

次に、企業のネットワーク環境に適したIP電話用のPBX(Private Branch Exchange)システムを導入を行います。これは、社内通話の管理や外線接続を行うための装置になります。さらに、通信プロバイダーと契約し、IP電話サービスを利用できる環境を整えましょう。

 

会社の電話機をLANで利用するには、IP多機能電話およびそれに対応する装置が必要?

会社の電話機をLANで利用するには、IP多機能電話とそれに対応する装置が必要となります。IP多機能電話は、音声通話だけでなく、ビデオ通話、メッセージング、電話会議など、多機能な通信手段を持っています。また、これに対応するPBXやゲートウェイなどのネットワーク機器も必要となります。

これらの装置を導入することで、企業内の通信インフラを整備し、効率的な通信環境を構築することができます。

 

IP多機能電話機って何?

IP多機能電話機とは、インターネットプロトコルを利用して通信を行う電話機であり、通常の音声通話に加えて、ビデオ通話やチャット機能、ファイル共有など、さまざまな機能を備えています。この種の電話機は、LANケーブルを使用してネットワークに接続され、IPアドレスを用いて通信を行います。

主な機能は

外線電話の発信・着信、内線電話の発信・着信、ビデオ通話、通話録音、留守番電話、転送機能、自動応答機能、電話会議、ファイルの共有 など

これらの機能により、IP多機能電話機はオフィスのコミュニケーションを大幅に向上させます。

 

IP多機能電話機に対応する装置とは?

IP多機能電話機に対応する装置としては、IP-PBX(Private Branch Exchange)やVoIPゲートウェイがあります。IP-PBXは、社内のIP電話機を管理し、外部の電話網と接続するための装置になります。

主な装置は

 IP-PBX:内線通話の管理や外線との接続などを行うIP回線を活用した交換機

 VoIPゲートウェイ:アナログ電話網とIP電話網を中継する装置

 スイッチングハブ:ネットワーク接続された通信を適切に行うための装置

これらの装置を組み合わせることで、企業は効果的な通信インフラを構築し、スムーズなコミュニケーションを実現することができます。

 

 

IP多機能電話機を使用することによるメリット・デメリットは?

メリットは

高品質な音声通話:デジタルデータとして音声を送受信するため、クリアな音声品質が期待できます。

通信コストの削減:インターネット回線を利用するため、長距離通信や国際通話のコストを大幅に削減できます。

多機能なサービス:ビデオ通話やチャット通話など、多様なコミュニケーション手段が利用可能です。

デメリットは

初期導入コスト:IP電話システムを導入する際、IP電話機やPBXなどの装置を購入しなければならないため費用がかかってしまいます。

ネットワークのトラブル:ネットワークの品質に依存するため、回線のトラブルや帯域幅の不足が発生すると、通信が不安定になる可能性があります。

 

電話回線はLAN回線に変換できるの?

電話回線をLAN回線に変換することは可能です。これを行うためには、アナログ信号をデジタル信号に変換する装置が必要となります。具体的には、ATA(Analog Telephone Adapter)やVoIPゲートウェイと呼ばれる装置が必要になります。

これらの装置は、従来のアナログ電話機をIPネットワークに接続するための変換機能を備えており、これにより既存の電話機をそのまま使用しつつ、LAN回線上での通信が可能となります。

 

電話回線をLAN回線に代用するには?

電話回線をLAN回線に代用するためには、次の手順が必要となります。

 1. ATAまたはVoIPゲートウェイの導入:これらの装置を使用して、アナログ信号をデジタル信号に変換します。

 2. ネットワークの設定:ATAやVoIPゲートウェイをネットワークに接続し、IPアドレスを割り当てます。

 3. IP電話サービスの契約:通信プロバイダと契約し、IP電話サービスを利用できる環境を整えます。

 

これらの手順を踏むことで、既存の電話回線をLAN回線に変換し、IPネットワークを通じて通話を行うことができます。

 

電話回線の特徴とは?

電話回線の主な特徴

アナログ信号:音声をアナログ信号として伝送しています。

専用回線:通話ごとに専用の回線が確保されるため、安定した通話品質が得られています。

独立性:インターネット接続とは独立しているため、インターネットによる障害の影響を受けません。

電話回線は、安定した通話品質を提供しますが、LAN回線と比較して通信コストが高い上に機能も限定されています。

 

LAN回線の特徴は?

LAN回線の主な特徴

デジタル信号:音声をデジタルデータとして伝送しています。

共有回線:通話だけでなく、データ通信も同じ回線を使用するため、柔軟な利用が可能となっています。

多機能性:ビデオ通話やデータ共有など、多様なサービスを利用できます。

LAN回線は、多機能な通信手段を提供し、電話回線と比較してコストの低さや柔軟な利用が可能となっています。しかし、ネットワークの品質に依存するため、回線のトラブルが通信品質に影響を与える可能性を避けることできません。

 

 

まとめ

LAN回線を利用できる電話機は、IP技術を活用して高品質な音声通話や多機能な通信サービスを提供することができます。会社でこれを利用するためには、IP多機能電話機と対応するネットワーク装置の導入が必要となります。これにより、企業の通信インフラを効率化し、コスト削減やコミュニケーションの向上が期待できます。

一方、電話回線をLAN回線に変換することも可能であり、アナログ電話機をそのまま利用しながら、デジタルネットワークの利便性を享受することができます。各回線の特徴を理解し、適切な導入を検討することで、企業の通信環境を最適化することが可能となります。

 

オンラインゲームの快適さを左右する? LANケーブルの選び方と効果
一覧へ戻る
オフィス効率化の鍵:OAフロアとLAN配線の整備ガイド

関連記事