有線LAN

2024.05.23

有線LANの特徴と設置方法:インターネット接続を最適化する方法

 

有線LAN接続とは?

有線LAN接続とは、物理的なケーブルを使用してインターネットに接続する方法です。通常、LANケーブルと呼ばれるケーブルを使い、コンピュータやその他のデバイスをルーターやモデムに接続します。この接続方法は、安定した高速通信を提供し、特に高いデータ転送速度が必要な場面で利用されます。

有線LAN接続は、通信の安定性と速度が重視されるため、オンラインゲームや大容量データのダウンロード、ビデオストリーミングなど、インターネットを多用する状況でよく利用されます。

 

有線LANと無線LANの違いは?

安定性と速度

有線LANは物理的なケーブルを使用するため、信号の干渉が少なく、常に安定した通信速度を保つことができます。一方、無線LANは電波を利用するため、壁や家具などの障害物や他の電波機器による干渉が発生することがあります。このため、無線LANは接続が不安定になることがあります。

セキュリティ

有線LANは、物理的にケーブルを接続する必要があるため、外部からの不正アクセスが難しいです。一方、無線LANは電波を利用するため、電波が届く範囲内であれば誰でも接続を試みることができます。このため、無線LANではセキュリティ対策が重要になります。

設置と移動の自由度

無線LANは、ケーブルを必要としないため、デバイスの設置場所や移動が自由です。一方、有線LANはケーブルの長さや配置に制限があるため、設置場所が限られます。

 

無線LANではなく有線LANが必要とされる環境とは?

有線LANが必要とされる環境は、以下のような場面です。

高速で安定した通信が必要な場合

オンラインゲームやビデオストリーミングなど、リアルタイムでのデータ通信が必要な場合、有線LANの方が適しています。無線LANでは通信が不安定になることがありますが、有線LANは安定して高速な通信を提供します。

セキュリティが重要な場合

オフィスや企業など、外部からの不正アクセスが懸念される場合、有線LANの方がセキュリティが高いです。有線LANは物理的にケーブルを接続する必要があるため、不正アクセスのリスクが低くなります。

電波干渉が多い環境

周囲に多くの無線機器がある場合、無線LANの電波干渉が発生しやすくなります。このような環境では、有線LANを使用することで安定した通信を確保できます。

 

有線LAN接続に必要なモノは?

必要な機器一覧

 1. コンピュータまたはデバイス:LANポートを持つもの

 2. ルーターまたはモデム:インターネット接続を提供する機器

 3. LANケーブル:カテゴリ5e以上のものを推奨

推奨機器

 ・ カテゴリ6以上のLANケーブルを使用すると、ギガビット通信が可能になります。

 ・ 高性能なルーターを使用すると、多数のデバイスを同時に接続しても通信が安定します。

 

 

パソコンにLANポートがない場合、USBのLANアダプタを使用する

最近の薄型ノートパソコンにはLANポートがない場合があります。このような場合、USBのLANアダプタを使用することで有線LAN接続が可能です。

USB LANアダプタの使用方法

 1. USB LANアダプタを購入する:信頼できるメーカーの製品を選ぶと良いでしょう。

 2. アダプタをパソコンのUSBポートに接続する:アダプタのUSBコネクタをパソコンのUSBポートに差し込みます。

 3. LANケーブルを接続する:LANケーブルをアダプタのLANポートに接続します。

 4. インターネット接続を確認する:接続が完了したら、インターネットにアクセスできるか確認します。

 

有線LANのメリットとデメリットは?

メリット

 1. 安定した接続:物理的なケーブル接続のため、通信が安定しています。

 2. 高速通信:特にギガビット対応のケーブルを使用すると、高速なデータ転送が可能となります。

 3. セキュリティ:物理的な接続が必要なため、外部からの不正アクセスが難しいです。

デメリット

 1. 設置の制約:ケーブルの長さや配置に制約があるため、設置場所が限られます。

 2. 移動の自由度が低い:デバイスの移動が制限されます。

 3. ケーブルの管理が必要:多数のケーブルがあると、管理が煩雑になります。

 

有線LANケーブル使用時の注意点

ケーブルの取り扱い

 1. 曲げすぎない:ケーブルを過度に曲げると内部の線が断線する可能性があります。

 2. 引っ張らない:ケーブルを強く引っ張ると、接続部分が破損する可能性があります。

 3. 定期的なチェック:ケーブルの損傷や劣化を定期的にチェックし、必要に応じて交換しましょう。

セキュリティ対策

 1. ポートの管理:使用していないポートにはキャップをするなどして、不正アクセスを防ぎます。

 2. ファイアウォールの設定:ルーターやデバイスにファイアウォールを設定し、セキュリティを強化します。

 

環境や状況に応じて無線LANと使い分けをする

有線LANと無線LANにはそれぞれメリットとデメリットがあります。環境や状況に応じて、適切に使い分けることが重要です。

オンラインゲームやビデオストリーミングには有線LAN

これらの用途では、安定した高速通信が求められるため、有線LANが適しています。

移動が多い場合や設置場所が自由な場合には無線LAN

ノートパソコンやスマートフォンなど、移動が多いデバイスでは無線LANが便利です。

 

 

まとめ

有線LANは、高速で安定した通信を提供するため、オンラインゲームやビデオストリーミングなどに適しています。一方、無線LANは設置場所や移動の自由度が高いため、家庭やオフィスでの利用に便利です。それぞれの特性を理解し、環境や状況に応じて使い分けることで、快適なインターネット環境を実現しましょう。

 

賃貸物件で有線LANを導入するメリットと注意点
一覧へ戻る
オフィスのLAN配線とは? 効率的なオフィスネットワークを構築するためのLAN配線戦略

関連記事