LANケーブル

2024.07.08

LANケーブル配線を快適に! 空配管のメリットと設置方法

 

LANケーブルを通すための空配管って何?

空配管の定義と役割

LANケーブルを通すための空配管とは、あらかじめ建物内に設置しておく、ケーブルを通すためのパイプです。空配管は、建物の構造や壁の中に設置され、後から簡単にケーブルを通すことができるようにするためのものです。この配管があることで、ケーブルの設置や交換が容易になり、建物の美観や構造を損なうことなく、通信環境の整備が可能となります。

空配管のメリット

空配管を設置することには多くのメリットがあります。まず、ケーブルの配線作業が簡単になります。配管を通じてケーブルを引くため、壁や天井を破壊する必要がなくなります。次に、メンテナンスが容易です。必要に応じてケーブルを引き直したり、新しいケーブルを追加したりする場合でも、配管内を通すだけで済むため、作業時間やコストを大幅に削減できます。

 

LANケーブルを通すのに配管って必要?

配管が必要な理由

LANケーブルを通す際に配管が必要かどうかは、建物の構造将来の拡張性を考慮することが重要です。配管があると、ケーブルの取り回しがスムーズになり、建物内のどこにでも容易にアクセスできるようになります。また、配管を設置しておくことで、将来的な通信設備のアップグレードケーブルの交換が容易になります。

配管がない場合のデメリット

配管がない場合、ケーブルを通すためには壁や天井を破壊して穴を開ける必要が出てきます。これにより、建物の構造が損なわれ、修復作業が必要になります。また、ケーブルの配線が見える状態になり、美観を損ねることもあります。さらに、メンテナンスやケーブルの交換が難しくなり、長期的なコストが増大する可能性があります。

 

空配管がない場合どうすればいい?

後から配管を設置する方法

空配管が設置されていない建物でも、後から配管を追加することは可能です。この場合、まずは設置場所の確認経路の計画を行います。次に、壁や天井に穴を開け、配管を通す作業を行います。最後に、配管内にケーブルを通し、接続部分を整えることで完成です。

配管設置の注意点

後から配管を設置する際には、建物の構造を把握し、重要な部分に損傷を与えないように注意する必要があります。また、配管の材質や径も適切なものを選ぶことが重要です。一般的には、プラスチック製金属製の配管が使用されますが、使用するケーブルの種類や量に応じて選定します。

配管なしでの配線方法

どうしても配管を設置できない場合、モールを使用してケーブルを保護しながら配線する方法もあります。

 

空配管はどのような場所に設置する?

主要な設置場所

空配管は以下の場所に設置されることが一般的です。

 ・ 壁の中:壁内部に配管を通すことで、配線が見えず、すっきりとした見た目になります。

 ・ 床下:床下に配管を設置し、配線を保護します。

 ・ 天井裏:天井裏に配管を設置することで、配線が視覚的に隠れます。

効果的な配管設置場所

 ・ 通信機器の近く:ルーターやハブの近くに配管を設置すると、配線が短くて済みます。

 ・ 主要な通路:ケーブルが通りやすいように、主要な通路に沿って配管を設置します。

具体的な設置例

新築住宅やオフィスビルでは、設計段階から空配管のルートを決めておくと、後々の配線作業が非常にスムーズです。

 

 

自分で空配管の施工は可能?

自己施工の可否

空配管の施工は、ある程度のDIYスキルがあれば自分で行うことも可能です。ただし、以下の点に注意が必要です。

 ・ 工具の準備:ドリルや配管カッターなどの専用工具が必要です。

 ・ 計画の立案:正確な配管ルートの計画が求められます。

 ・ 安全対策:配線作業中の安全対策を徹底する必要があります。

 

自分で施工した際のメリットは? デメリットは?

自分で施工するメリット

コスト削減

専門業者に依頼するよりもコストを抑えることができます。材料費のみで済むため、経済的です。

自由な設計

自分のペースで自由に設計できるため、細部までこだわりたい場合には最適です。

自分で施工するデメリット

技術的な難しさ

専門知識や技術が必要なため、初心者には難しい場合があります。失敗すると、再施工が必要になり、結果的にコストが増加することもあります。

時間と労力

施工には時間と労力がかかります。特に初めての施工では、予想以上に時間がかかることがあります。

 

専門業者に依頼した場合のメリット・デメリットは?

専門業者に依頼するメリット

高品質な施工

専門業者に依頼することで、高品質な施工が期待できます。プロの技術と経験により、トラブルのリスクが低減されます。

時間の節約

業者に依頼することで、施工時間を大幅に短縮できます。自分で行う場合よりも効率的に作業が進みます。

専門業者に依頼するデメリット

コストが高い

専門業者に依頼する場合、コストが高くなることが一般的です。施工費用や業者の手数料が加算されるため、予算に余裕が必要です。

自由度の制限

業者に依頼する場合、自分の思い通りに設計できないことがあります。業者の提案に従う必要があるため、自由度が制限される場合があります。

 

やっぱり専門業者に依頼した方がいいの?

専門業者に依頼するべき場合

技術的な難易度が高い場合

配管のルートが複雑であったり、特殊な施工が必要な場合は、専門業者に依頼する方が安心です。プロの技術で確実な施工が期待できます。

時間がない場合

忙しい日常の中で、自分で施工する時間がない場合は、専門業者に依頼することで時間を有効に活用できます。

自分で施工するべき場合

コストを抑えたい場合

予算が限られている場合や、コストを抑えたい場合は、自分で施工することが適しています。材料費のみで済むため、経済的です。

簡単な配管の場合

比較的簡単な配管作業であれば、自分で施工することが可能です。基本的な工具と技術があれば、スムーズに進めることができます。

 

 

まとめ

LANケーブルを通すための空配管は、配線を効率的かつ美観を保ちながら行うために重要です。空配管がない場合でも、露出配線やモール配線などの対策が可能です。自分で施工する場合は、コストを抑えられる反面、技術的な難しさや時間の問題があります。一方、専門業者に依頼することで高品質な施工が期待できますが、コストが高くなることが一般的です。自分の状況や予算に応じて、最適な方法を選択することが重要です。空配管の設置は、将来的な配線の変更や追加を容易にするため、計画的に進めることが推奨されます。

 

なぜ屋外でLANケーブルを配線するのか? エアコンの壁穴を利用したLANケーブル配線術
一覧へ戻る
リフォームと一緒に考えるLAN配線のメリットと設計ガイド

関連記事